誕生日を迎えてしまいました。

とうとう私も40代の仲間入りをしてしまいました。

今まではUVと安価なローションくらいしか使っていなかったんですが、どう考えても、これまでのスキンケアでは通用しない年齢ですよね。

自分で出来るエイジングケアにはイロイロな方法があるようなので、調べる価値があると思っています。

年齢は自覚していたけれど、お肌を見たときにシミができていると心が沈みますね。

とは言っても、同じシミでも形や気になる部分はどこか、といったことで、いくつかの種類に分けることができ、シミに合った市販のお薬を捜してみたり、病院で薬を出して貰うのもいいかも知れません。

ただし、薬では完治できないシミもありますので、あつかいの難しいシミに、どうしたらいいか途方に暮れているのなら、レーザー治療を施すこともご検討下さい。

誰しも、一番気になる体の部分は顔だという人が圧倒的に多数派を占めるでしょう。顔のお手入れは何と言っても洗顔が基本です。顔に付いた汚れや余分な皮脂を洗うところからケアがスタートするからです。洗顔では石鹸、クリームの泡立ての方法が要です。ちゃんと泡立てインターネットでモコモコになるよう根気よく泡立てて泡で包んで顔を洗います。この時節のお肌の乾燥を防ぐためには、洗う力が強すぎない、刺激を抑えたクレンジング剤をなるべく選びます。落とすのが厄介なポイントメイクは専用の除去剤などを使い、肌荒れにならないように注意して下さい。

顔を洗う際もゴシゴシと擦らないように注意しなくてはいけません。ホイップ状の泡を立てて優しく洗い、なるべくぬるめのお湯でしっかりと流しましょう。

常日頃、長風呂が好きな私ですがお肌のドライ策のために、常に洗顔後はすぐ化粧水をつけてから、ゆっくりお風呂に入るひとときを楽しんでいます。しかしながら、真冬の時期ともなると化粧水だけでは入浴後の乾燥において不充分な気がするので、化粧水の後に保湿美容液もまんべんなく塗ってお風呂に入っていますが、この習慣が身につくようになってから乾燥肌がだいぶ改善されつつあります。誰でも歳はとりますが、肌年齢は努力次第で変える事ができます。肌はただ年齢によって老化するのではありません。紫外線が肌年齢を左右すると言っても過言ではないでしょう。しわの発生を抑えるためにPA値の高い日焼け止めを利用したり、防止や日傘などで紫外線に当たる時間を極力減らすことが大切です。もしやむを得ず日焼けしてしまったときでも、なるべく早く肌を冷やして刺激が少ない化粧水やボディミルクなどで保湿して、シミやシワの元をつくらないように心がけましょう。肌の劣化防止に役立つはずです。

うっかり肌にできてしまったシミやそばかすを出来るだけ薄くしたいと思い、特にビタミンC誘導体が配合された美容液を使っています。いっつもの洗顔をしてから、美容液を清潔な指先にちょっとだけ広げて、気になる部分に、トントンとなじませていきます。使用をつづけて一ヶ月ほどで、シミとそばかすが、少しずつ薄くなってきたと実感したため、前むきな気持ちになりました。エイジングケアではコラーゲンの取り入れがとても大切だと考えます。

コラーゲンは素肌のハリやツヤを生み出してくれます。未成年の時のような綺麗な肌と為すには、コラーゲンが不可欠です。それが一杯入っている食べ物やサプリメント(サプリと略されることもありますし、栄養補助食品や健康補助食品などと表現されることもあります)(時に医薬品と同じくらいの効果がある製品もありますから、服用の際には注意が必要です)で補充するのがエフェクティブなようです。

潤いのある肌は保湿が十分できていて、気になるシミなどの色素沈着は起こりにくいのです。水分が逃げない、うるおいのあるお肌は水分と油分は最適のバランスで保たれていて、きめの整った、なめらかな肌になっているのです。水分や油分で潤い、きめが整った肌はバリア機能も高く、紫外線による肌奥部のダメージも受けにくく、メラニン色素が増えにくくなり、シミも予防できます。肌の乾燥には、シミ予防の意味からもケアを怠らないで下さい。このところ、肌の衰えが目立ってきたかも知れない、そのように思う方はスキンケアでアンチエイジングを実践しましょう。最も効果的なのは高い保湿効果のある化粧水でしっとりとしたお肌にすることです。乾燥はシワを増やすことになりハリはなくなるので、ヒアルロン酸などがしっかりと入った化粧水で、しっとりさせる事が必須です。

Categories: その他

Comments are Closed on this Post